« 目からうろこのそば粉を使った料理 | トップページ | ロバート・キャパへの疑惑 »

2013年1月31日 (木曜日)

体罰

 大阪の桜宮高校の体罰事件以降、ぼろぼろと体罰の実態が明るみになっています。柔道の件は、オリンピック招致にも影響するのではということで大きな波紋となっています。
 戸塚宏氏のような極端な体罰必要論を語る人は別にして、体罰を許容するという風潮は、程度の差こそあれ私自身も含め多くの日本人の中に存在しているようです。
 10年位前になるでしょうか、上山明新館高校野球部の練習試合の球審を務めていた時、対戦相手の監督がいきなり選手にビンタを食らわしたことがありました。県外の甲子園常連の有名校の監督でした。
 バントに2回失敗して、ベンチに戻った選手にベンチ前でまず一発平手打ち。思いっきり殴ったため、選手は倒れました。そして、起き上がったところに二発目。また倒れ、起き上がった選手に、今度は罵声を浴びせしつこく説教。選手は見方が攻撃の間中、立たされたまま。当日は、中学生が見学に来ていたのですが、あまりの暴力に入部をためらった子がいたのではと心配しました。私も、ゲームを止めて監督に注意しようと思ったくらいですから。
 野球に限らずスポーツに暴力はつきもののようで、中学以上になると普通のことだと記憶しています。自分が暴力で指導された経験から、自分が指導者になっても暴力をふるうことに抵抗はないということでしょう。
 小学生のスポ少でも、監督の言葉は物理的な暴力に匹敵するくらいの汚い言葉です。打席に入った子どもは、おびえながら監督のサインに最新の注意を払って、監督の指示通りに打撃をしようとします。自分の頭で判断することは必要ないのですね。

 体罰は、スポーツだけでなく、日本人のさまざまな分野・世界にあります。
 指導の中に体罰を使うのでなく、相手の心に響く言葉を持ちたいものです。 

|

« 目からうろこのそば粉を使った料理 | トップページ | ロバート・キャパへの疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目からうろこのそば粉を使った料理 | トップページ | ロバート・キャパへの疑惑 »