« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 吉村知事再選 »

2013年1月 9日 (水曜日)

団子の木飾りをします

 今冬の山形市周辺は雪が少なく、一斉除雪が一度も出動していない状況ですが、今日は一転して積もりそうな雪模様に加え、日中の気温も氷点下の真冬日の予想です。
 小学校は昨日から登校を始めていますが、素手で荷物を持って登校する元気な児童も結構います。
 この日本と対照的なのが、南半球です。オーストラリアでは40度を超える猛暑で、タスマニア島では1月4日に熱波による大規模な森林火災が発生、日本ではあまり報道されませんが火は市街地にも及び多くの犠牲者が出ている模様です。丁度知り合いがタスマニアに行っているのでメールで事情を聴いたところ、タスマニア人にとっての山火事は、日本人にとっての地震と同じような感覚と言えるそうです。つまり共存ということです。タスマニアの1月5日の気温は史上最高の41.8℃だったそうです。

 松の内も明けて、15日が小正月です。まちづくり塾では、毎年、小正月の団子木飾りをしています。山から切り出した団子の木(ミズキ)に、団子と折り紙などを飾ります。まちカフェの入り口に飾るために、水に弱いフナせんべいは使いません。
 日本の季節の行事の多くは、五穀豊穣を願って行うなど生産と結びついたものが多いわけですが、生活様式、生産様式が変わるにつれてなくなっていくのは寂しいものです。先人の暮らしに想いを馳せながら伝承していければと思います。そこには、自然に対する畏敬の念など私たち現代人が忘れていたものを発見することができます。

|

« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 吉村知事再選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年あけましておめでとうございます | トップページ | 吉村知事再選 »