« 86歳のギタリスト 上山に来る | トップページ | 新人公務員がんばってください »

2013年3月28日 (木曜日)

人口が減っても幸せに暮らせる社会を

 中林淳真さんのギターコンサートは、5月20日(月)午後7時から金瓶の宝泉寺本堂にて開催することにしました。宝泉寺で毎年秋に竹灯篭コンサートを開催している、「金瓶里づくり倶楽部」さんのご協力をいただき開催させていただく予定です。
 これから、チラシを作って前売り券を販売することになりますが、よろしくお買い上げのほどお願い申し上げます。

 さて、昨日の山形中央高校の選抜野球大会の勝利に心からお祝いを申し上げます。こういう勝利が山形県人に勇気を与えてくれると思います。

 今朝の新聞各社に、2010年を基準とした2040年における人口予測が載っていました。これは、国立社会保障・人口問題研究所の推計で、あまり誤差はない数字と思います。
 それによるといくつかの心配な点が浮き彫りになりました。
 山形県全体では39%も減少して、835,554人となり、我が上山市は38.4%減って、20,846人になると予想されています。上山市は毎年400人ずつ減っていき、2040年では65歳以上の比率が44.4%になるのです。
 全国的には、沖縄県は人口数はほとんど変動なく、東京を始め都市部でも減少幅は少ないのですが、65歳以上の比率は沖縄県と大都市部で大幅に増加することになります。
 逆に、山形などは、現在でも高齢化率が高いので、2040年でも増加率はわずかです。
 東京の高齢化率が34%になるなど都市部で高齢化が進めば、対応策も田舎と違い大変になることでしょう。
 以上のような、人口が減少し高齢化率が上昇することは前から分かっていたことであるはずですが、自治体政策上ではあまり認識されていないようです。
 上山市の議員や商工会関係者などにも、相変わらず人口増加策を講じるべきだと声高に主張している方もいます。
 向こう30年は人口は確実に減るのだから、それを前提に、人口が減っても幸せに暮らせる地域づくりに頭を切り替える必要があります。
 人口が増えた減ったと自治体間競争にこだわる方もいますが、県全体や国全体から見れば、人口が増えているのではなく、人口が移動しているだけです。
 山形市の自治体が増えるということは、その周辺の人口が減ることを意味します。このようにして人口が偏ることは、地域間格差がより顕著になり良くないことであると思います。均衡のとれた国土発展のためにも、もっと田舎に人が住むような仕掛けが必要だと思います。そのためにも、農業、林業、漁業で生計が成り立つようにしていかなければなりません。

|

« 86歳のギタリスト 上山に来る | トップページ | 新人公務員がんばってください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 86歳のギタリスト 上山に来る | トップページ | 新人公務員がんばってください »