« 靖国参拝問題は国益を損ねている | トップページ | すばらしいマナー 河北中学校野球部 »

2013年4月26日 (金曜日)

核兵器にNOと言えない日本

 以下は、昨日NHKで報道されたまたまたがっかりするニュースです。

 「スイスのジュネーブで開かれているNPT=核拡散防止条約の会議で、核兵器は非人道的なものだとして、いかなる状況でも使用すべきではないなどとする共同声明が提出されましたが、唯一の被爆国の日本はこの声明に署名せず、NGOなどから批判の声が上がりました。
  この共同声明は、ジュネーブで行われているNPTの再検討会議に向けた準備会合で24日、南アフリカの代表団が提出しました。
 
声明では「核兵器の使用によって、直接に人が死ぬだけでなく、社会や経済の発展は停止し、環境は破壊され、将来の世代は健康や食糧や水を失うことになる」として、核兵器の非人道性を強調しています。
そのうえで、「いかなる状況でも核兵器を二度と使わないことこそが人類生存の利益につながる」として、核兵器の不使用を訴えています。
共同声明には74か国が名前を連ねましたが、唯一の被爆国である日本は署名しませんでした。
 
これについて、軍縮会議日本政府代表部の天野万利大使は、記者団に対し、「核兵器が使用された場合の影響が非人道的なものだという点では賛同している」としたうえで、「いかなる状況でも使用しないとしている点が、日本の安全保障政策と相いれない」と述べました。
 日本がアメリカのいわゆる「核の傘」で守られていることを、署名をしない理由の1つにしたものですが、会議に参加しているNGOなどからは批判の声が上がり、ジュネーブの軍縮会議日本政府代表部の建物の前で、およそ50人が抗議活動を行いました。」

 広島市の松井市長、長崎市の田上市長とも政府の対応を疑問視し、大変残念がっていたということです。
 先週、国会の質問で維新の会の西村眞吾議員が「核武装すべきだ」と主張していましたが、日本という国が理解できなくなってしまいます。

|

« 靖国参拝問題は国益を損ねている | トップページ | すばらしいマナー 河北中学校野球部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 靖国参拝問題は国益を損ねている | トップページ | すばらしいマナー 河北中学校野球部 »