« 映画「ひまわり」を観てきました | トップページ | アベノミクスに逆行する賃金削減 »

2013年4月14日 (日曜日)

TPP 史上最悪の選択

 昨日の朝刊は、TPPの日米の事前協議合意を1面で報じていました。私は率直に言って、時限爆弾のスイッチが入ったような気分になりました。
 月刊誌「世界」4月号で鈴木宣弘 東大大学院教授は、「史上最悪の選択肢、許しがたい背信行為」と憤り、 孫崎亨 元外務官僚は、「TPPは国家主権の喪失を意味する。日本は本当にそれでいいのだろうか」と痛烈に政権批判を展開しています。

 舟山やすえさんも、次のように憤っていますよ。今日は、NHKの日曜討論に出てましたね。
 「TPPに関し、アメリカとの事前協議が合意に達したとの発表がありましたが、そのあまりにも不公平な内容に驚くと同時に憤りを強く感じています。
  案の定、関税撤廃の例外を認めるとはどこにも書いておらず、例外が取れる担保は何もありません。その上、保険、規格、基準、投資、検疫など、非関税措置への対応を約束させられました。
  さらに、自動車に関しては、アメリカ側の関税は当面維持(米韓FTAよりアメリカに有利な形で)という、日本にとっては何のメリットもない妥協を行う一方、アメリカ車を一定数量輸入すること、安全基準や環境基準は、アメリカ車に差別的にならないようにすること、税制もアメリカ車に差別的な効果を与えないようにすること、こんな約束を飲んでいます。
  こんなんでいいんですか? これでどのような国益が得られるのですか? 公約違反ではないですか?
 アメリカの自動車関税が下がらないなら、宣伝されているように自動車輸出は増えません。 ぜひ、試算をやり直していただきたいと思います。
 どこを切り取ってもおかしいところばっかり。
  黙っていてはそのまま進んでしまいます。おかしいという声をみんなで出していきましょう!!」

 

|

« 映画「ひまわり」を観てきました | トップページ | アベノミクスに逆行する賃金削減 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「ひまわり」を観てきました | トップページ | アベノミクスに逆行する賃金削減 »