« 紅柿の活用を | トップページ | アベノミクスの終わりの始まり? »

2013年5月12日 (日曜日)

春はいいですね。

 今日は、すっきり爽やかな晴天で新緑が目にしみる最高の日でした。地域のブランド野菜として価値ある久保手のアスパラ、小笹のうるいをいただき、ふき、こごみ、うど、タラの芽もいただき、実に健康的な食に大満足で幸せを感じます。これを豊かさと言わずして何が豊かさでしょうか。
 株価が上がって幸せと感じている人もいるでしょうが、「清貧」の思想にあこがれている私にとっては、この時期の食の豊かさは心の豊かさに通じます。
 さて、5月20日(月)午後7時から市内金瓶の宝泉寺で行われます、中林淳真さんのギターコンサートのチケット販売に奔走しております。中林さんは今年86歳。11月にはNYのカーネギーホールでリサイタルをするそうで、まったくすごい生命力に脱帽です。私の記憶では上山市には7回目の来市になると思います。どうぞ多くの方に聴いてほしいものです。入場料は1,000円です。価値ある86歳の巨匠のコンサートにどうぞ。お待ちしております。
 そうこうしてる内、岡林立哉さんの馬頭琴とホーミーのコンサートのお誘いが今日ありました。6月7日(金)午後7時から山辺町の味噌やさんヤマキチであるとのこと。
 岡林さんは、中林さん同様、縁があって上山に3回来ていただきました。古屋敷、楢下の庄内家、カミン。今回はお客さんとして、久しぶりにホーミーの音色を楽しみたいと思います。入場料は1,500円。ご希望者はご連絡ください。(前日には、シベールアリーナで加藤登紀子さんのコンサートもあるんですね。)

|

« 紅柿の活用を | トップページ | アベノミクスの終わりの始まり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅柿の活用を | トップページ | アベノミクスの終わりの始まり? »