« 気骨のある政治家 斎藤隆夫 | トップページ | 亡国への道にストップ 舟山やすえ »

2013年6月12日 (水曜日)

いろは市

 6月9日の日曜日に十日町商店街のいろは市が開催され、大勢の人で賑わいました。毎年人出が増えているような気がします。こんなに大勢の人を見かけるのは、上山では滅多にないことです。カミンの駐車場も満杯。いろは市は10時に始まったのですが、その時には3階駐車場は1台も入らず、4階も7割くらい駐車済み。その後も次々と車が入っていました。
 十日町通りは歩行者天国になり、路上にはチョークで絵を描く子ども達の姿も。江戸時代から道幅が変わっていない、この羽州街道ですが、そんなことに思いを馳せている人はいないかも。熱い中ですが、カセ鳥も登場して水をかけてもらっていました。
 明新館の生徒も、まちカフェ前で売り子になって、自分たちがプロデュースしたケーキなどの販売実習をしました。
 私どもの、まちカフェでは、新聞にも掲載していただいた、新作の「紅花美人サイダー」を100円の特価で販売、どんどん焼きも売れ行き好調で午後3時ころには材料切れで閉店にしました。
 人集めの仕掛けさえあれば人は出てくれるものだということを実感。
 金谷のミニトマトがおいしく安かったので1箱購入して帰りました。今日も充実した1日でした。

Img_2068

Img_2069


|

« 気骨のある政治家 斎藤隆夫 | トップページ | 亡国への道にストップ 舟山やすえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気骨のある政治家 斎藤隆夫 | トップページ | 亡国への道にストップ 舟山やすえ »