« 山形の庶民の意地を見せましょう | トップページ | 参院選結果にあきらめないで »

2013年7月20日 (土曜日)

鉄の旗を掲げよう

 昨日、高知の友人から激励のメッセージが寄せられました。それは、「力でもカネでも俺はなびかない 堅い鉄の旗を掲げたよ」という、グルーヴァースの「鉄の旗」の歌詞の一節です。今回の選挙にあたっての私の心情にぴったりです。
 今朝、グランドホテルにて最終版の早朝決起集会があり、選対本部のJAやまがた中央会長の長澤豊さんが農民一揆に例えて今回の選挙の意義を強調しておられましたが、私も全く同感であります。
 TPPは、地域、とりわけ山形のような地方の地域を壊します。地方の地域が壊れることは日本が壊れることになります。
 一昨日、鹿野道彦さんの決起集会があり、飯舘村の菅野村長が感動的な演説をしておられました。原発被災地の首長らしく、「今の日本の政治家は、経済一辺倒、被災者により沿って親戚付き合いしてくれるような心の政治家が必要だ、それが鹿野道彦さんだ」と。
 今回の選挙は、守銭奴の「競争社会」か助け合いの「共生社会」を選ぶのかという日本の行く末を決める選挙になります。全国的には自民圧勝の報道がありますが、山形はしっかりNoの意思を示しましょう。
 写真は早朝決起集会の様子。舟山さんの夫、母、3人の子どもたちが来ていました。
P1010049

|

« 山形の庶民の意地を見せましょう | トップページ | 参院選結果にあきらめないで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山形の庶民の意地を見せましょう | トップページ | 参院選結果にあきらめないで »