« 自民党の大物続々来県 | トップページ | 山形県民の意地を見せよう! »

2013年7月15日 (月曜日)

鹿野・舟山 上山地区決起集会 

 一昨日の土曜日の夜、上山市体育文化センターにて、鹿野道彦・舟山やすえ両候補の合同の演説会が行われました。
 応援弁士は、連合山形の大泉会長、株式会社でん六の鈴木社長、そして、日本の宿古窯の女将 佐藤洋詩恵さん、山形農協の板垣組合長という顔ぶれでした。
 皆さんそれぞれいいお話でしたが、特に女将さんのスピーチは良かったです。いままで自民党候補を応援してきたけれど、今回だけは党派を超えた立場で、今の山形になくてはならない政治家である、鹿野・舟山両候補を応援するときっぱりと語っておられたのが印象的でした。山口県から上山市にとついで37年、奇しくもこの日は、山口県にルーツ(安倍総理自身は東京生まれ)を持つ、安倍総理が来形していたのでした。
 
 この演説会をとおして、両候補者が立候補する必然性はどこにあるのか、応援する者として、なぜ応援するのかなどを再確認することができたと思います。来場された方は、一様に両候補を落選させてならないと強い思いを抱いて帰宅されたこと間違いないでしょう。
 
 最後の1週間の戦いに弾みがつく決起集会となりました。最後までのご支援をよろしくお願いいたします。
 写真は、司会をしていた私が、舞台のそでから撮った写真です。
Img_2091

Img_2093


|

« 自民党の大物続々来県 | トップページ | 山形県民の意地を見せよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自民党の大物続々来県 | トップページ | 山形県民の意地を見せよう! »