« イギリスが原爆投下に同意していた | トップページ | 祝 日大山形 »

2013年8月 8日 (木曜日)

桜井高校野球部

 今日から甲子園大会が始まりましたが、奈良県代表の県立桜井高校の野球が注目を集めているそうです。今朝のNHKラジオも報じていました。
 以下は、読売新聞の記事の要約です。

 「笑顔もガッツポーズもなく、桜井ナインは淡々と整列した。無名の公立校が初の夏切符。森島伸晃監督(48)の精神面を重視した指導で、奈良の歴史を塗り替えた。・・・・・
 (森島監督)は、相手への気遣いを何より大切にしている。勝って喜ぶこと、失敗して下を向くことは禁止。「私利私欲のために選手を集めたり技術を磨くことは無意味」と、10年前から技術指導より、“心の指導”に重きを置いてきた。練習時間も1日約2時間ほどで、足らない分は自主練習で補っている」

 相手がエラーしても手を叩いて喜ばないなどは当然。野球以外でも、ゴミ拾いや素手でトイレの掃除をさせたり、常に人間としてあるべき姿を生徒たちに考えさせているらしい。ゲームでの勝ち負けより人間形成を優先する指導方法。ここには体罰は無縁でしょう。
 甲子園常連校の監督さんたちにも是非学んでほしいところです。

 この野球も今年95回目、あと5年で100年です。第1回が1915年(大正4)、1941年(昭和16)から敗戦の1945年(昭和20)までは中止。平和だからできることです。
 昨日は、都知事選に立候補した、前日弁連会長の宇都宮弁護士の講演会に行ってきました。宇都宮先生同様、私も今の右傾化した社会に大きな危機感を覚えています。
 明日は長崎への原爆投下の記念日、6日の広島投下の記念日と同じように黙とうを捧げ慰霊したいと思います。軍部は原爆投下の5時間前にB25が向かって来ているのを察知しながら握りつぶしたという信じがたい事実が明らかになっています。権力者は同じことを繰り返すのか。

|

« イギリスが原爆投下に同意していた | トップページ | 祝 日大山形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イギリスが原爆投下に同意していた | トップページ | 祝 日大山形 »