« 日本中に偽装が蔓延 | トップページ | フィリピンの台風被害 »

2013年11月13日 (水曜日)

青森県黒石市の「こみせ」

 週末の土日は、青森県黒石市で開催された「第9回羽州街道交流会議」に出席してきました。土曜日の草木も眠る午前3時半に上山を車で出発、七ヶ宿町を経由して一路黒石へ。
 津軽は遠いです。そして言葉も食べ物の味付けも違い、宴会での歌や踊りもインパクトがあり過ぎて、異国に来たような感じを受けました。次回は、弘前の桜を見たいと思いながら帰ってきたのでした。
 さて、この街道交流会議は、昨年は上山市で「沢庵禅師と上山」をテーマに開催したのでしたが、今回はイザベラ・バードをメインに開催しました。
 黒石市には藩政時代の名残を残す街並みが残っており、中でも興味深いのは「こみせ通り」です。
 「こみせ」は、昔の商店通りであり、今でいうアーケードと同じで、強い日差しや雨風、吹雪から人を守る役目があります。しかし、「こみせ」の大きな特徴は、この通りが私有地だということです。
 買い物に来た人のために自分たちの敷地内にアーケードを作ったという、助け合い・譲り合いが形となった人情あふれる通りなのです。
 新潟地方では「雁木」という呼び名に変わりますが、上越市高田では総延長が15kmに及ぶそうです。
 黒石市のこみせ通りは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されているだけあって、雰囲気があって見ごたえがあります。 また、側溝も綺麗に掃除がしてありました。
 私は、議員に出るときから、繰り返し景観整備の重要性を訴えてきたつもりですが、上山も景観整備に本腰を入れることが必要だと思います。金がなかったら、ないなりのやり方をして、見苦しい景観だけにはしてはいけませんね。

Img_2264

Img_2265



Img_2266




Img_2267


|

« 日本中に偽装が蔓延 | トップページ | フィリピンの台風被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本中に偽装が蔓延 | トップページ | フィリピンの台風被害 »