« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月26日 (木曜日)

安倍総理の歴史観が問われる 

 安倍総理が靖国に参拝したことで、中国と韓国が猛反発しています。安倍総理は参拝することに執念を燃やしていたようですから、いつかはするだろうとは思っていましたが、よりによって毛沢東の誕生日という特別な日を選ぶとは。
 総理大臣が参拝することで引き起こされる波紋、マイナスをどう考えているのでしょう。安倍総理が好きな「国益」にそって考えると、日本にとって、どのような国益がもたらされるというのでしょうか。
 上山市の元憲兵、故 土屋芳雄さんの原稿を是非一読してほしいものです。(「人間の良心」がお勧めです)
 その中では、加害者の立場でなく、被害者の立場に立って考えることの重要性を説いています。土屋さんは、328人もの中国人を虫けらのように惨殺してきたことを引き揚げ後に心から反省し懺悔の生涯を送りました。
 日本では、先の大戦を、欧米列強から解放するための「聖戦」と評価する人たちがいます。しかし、中国や韓国では、先の戦争は、「天皇の名においてなされた侵略戦争である」という認識です。ですから、靖国神社の存在自体認めませんし、そこに総理が参拝するなどということはあってはならないことというのは当然の帰結です。またぞろ戦争を仕掛けてくるのではないかとの疑念も生まれてこようというもの。以下は毎日新聞記事からの抜粋です。

 成蹊高校在学中の安倍首相を教えた青柳知義さん(74)は「やってはならないこと。こんなに戦後民主主義や憲法の精神に無理解とは思わなかった。残念だ。事実上の国家神道の復活を狙いたいのだろうか」と話した。

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月曜日)

CLT工法

 今日の山形新聞に共同通信社の編集員氏の「林業に復活の兆し」という森林・木材を活用した経済活性化の論説が掲載されていました。その中に、木材の発電の事例とともに、CLT工法のことも書いてありました。CLTについては、「里山資本主義」という本で知ったのですが、新聞紙上で目にしたのは初めてでうれしくなりました。
 この工法は、木材活用の切り札になるのではないかと私は注目しています。木材は、高層建築に向かない、防火の面で弱いというのが常識と思いますが、CLTはその常識を覆すものです。ドイツ生まれの工法と聞いていますが、ヨーロッパで急速に拡大中だそうです。写真は、ロンドンの9階建てのCLTによるビルです。日本では法的な整備をして認証を受けなければ使用はできないのですが、既に試みは始まっていますので時間の問題でしょう。木造の高層建築とは夢のようです。
 以前から私が言っていることですが、中山間地の振興には山林の活用が不可欠です。山間地で中東の石油を暖房に使うなどということを少しでも減らしていくことが大事なことです。山が蘇ることが都市問題の解決と国土保全にもつながります。
 Ed82f2b21

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月曜日)

お陰様で「まちカフェ2周年」

 先週の13日金曜日は、十日町のいろは市で餅つきをし、午後から「まちカフェ」の2周年記念コンサート、夕方からパーティーを行いました。
 あいにくにの雨降りの中での餅つきとなりましたが、2升ずつ2回つきました。2個100円と格安のため、あんこ、納豆、雑煮とも好評でおいしいおいしいと食べていただきました。
 昨年も平日の年金支給日にいろは市を開催したのですが、人の出は結構あるものです。年金支給日ですので年配の方が多いのですが、各お店とも工夫を凝らして賑わっておりました。
 コンサートは、人気の「歌うたいの消防士 黒田彰久さん」を招いて行いました。歌はすべて彼の作詞作曲オリジナルで、曲に込めた思いが多くの聴衆を魅了しています。
 こういう方が消防本部に勤めていることで、市民のための消防署として一層親近感と信頼感が増しているようです。
 さて、お陰様で「まちカフェ」も開店して2年が経過しました。儲かってはいませんが、とにかくまた元のシャッター商店に戻さないように頑張っていきたいと思っています。
 どんどん焼きとコーヒーの組み合わせがとても合うことに驚いています。チーズどんどん焼きと男爵ブレンドコーヒーで500円。自信を持ってお勧めします。是非お立ち寄りください。
Img_2315
Img_2317

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木曜日)

命輝く

 過日、ギタリストの中林淳真さんから、11月26日にカーネギーホールで行われた自身のリサイタルが成功裏に終わり無事帰国したとのメールをいただきました。
 カーネギーでは1964年に初演しており、86歳になった今回は2回目でした。今年5月20日に、上山市で7回目となるコンサートを金瓶の宝泉寺でを開催しましたが、実にすばらしい演奏に観客一同感激していたのが印象的でした。86歳になっても現役、何ともすばらしいことです。Anflyer08311520x7791

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日曜日)

「原発ゼロ」否定

 秘密保護法が混乱の末に成立する中、経済産業省では、エネルギー基本計画の素案を示しました。その中では、原発を「優れた安定供給性と効率性を有し、運転コストが低廉で、運転時に温室効果ガスの排出もない」と積極的に評価し、再稼働を推進する姿勢を明示したほかに、核燃料サイクルの着実な推進も打ち出したということです。
 この期に及んでも核燃料サイクルに未練たらたらこだわっている感覚は、私には信じられないことですが、今、原子力ムラの強力な巻き返しが進められています。告発小説、「原発ホワイトアウト」に書かれている世界がそのまま進んでいるのです。
 この国を覆っている、政財官の分厚い手練手管の世界。秘密保護法もできたことだし、国の意に沿わない人は簡単に排除されますよ。
 

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »