« CLT工法 | トップページ | あけましておめでとうございます »

2013年12月26日 (木曜日)

安倍総理の歴史観が問われる 

 安倍総理が靖国に参拝したことで、中国と韓国が猛反発しています。安倍総理は参拝することに執念を燃やしていたようですから、いつかはするだろうとは思っていましたが、よりによって毛沢東の誕生日という特別な日を選ぶとは。
 総理大臣が参拝することで引き起こされる波紋、マイナスをどう考えているのでしょう。安倍総理が好きな「国益」にそって考えると、日本にとって、どのような国益がもたらされるというのでしょうか。
 上山市の元憲兵、故 土屋芳雄さんの原稿を是非一読してほしいものです。(「人間の良心」がお勧めです)
 その中では、加害者の立場でなく、被害者の立場に立って考えることの重要性を説いています。土屋さんは、328人もの中国人を虫けらのように惨殺してきたことを引き揚げ後に心から反省し懺悔の生涯を送りました。
 日本では、先の大戦を、欧米列強から解放するための「聖戦」と評価する人たちがいます。しかし、中国や韓国では、先の戦争は、「天皇の名においてなされた侵略戦争である」という認識です。ですから、靖国神社の存在自体認めませんし、そこに総理が参拝するなどということはあってはならないことというのは当然の帰結です。またぞろ戦争を仕掛けてくるのではないかとの疑念も生まれてこようというもの。以下は毎日新聞記事からの抜粋です。

 成蹊高校在学中の安倍首相を教えた青柳知義さん(74)は「やってはならないこと。こんなに戦後民主主義や憲法の精神に無理解とは思わなかった。残念だ。事実上の国家神道の復活を狙いたいのだろうか」と話した。

|

« CLT工法 | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« CLT工法 | トップページ | あけましておめでとうございます »