« 「TPP断固反対」山形県民集会 | トップページ | 命輝く »

2013年12月 8日 (日曜日)

「原発ゼロ」否定

 秘密保護法が混乱の末に成立する中、経済産業省では、エネルギー基本計画の素案を示しました。その中では、原発を「優れた安定供給性と効率性を有し、運転コストが低廉で、運転時に温室効果ガスの排出もない」と積極的に評価し、再稼働を推進する姿勢を明示したほかに、核燃料サイクルの着実な推進も打ち出したということです。
 この期に及んでも核燃料サイクルに未練たらたらこだわっている感覚は、私には信じられないことですが、今、原子力ムラの強力な巻き返しが進められています。告発小説、「原発ホワイトアウト」に書かれている世界がそのまま進んでいるのです。
 この国を覆っている、政財官の分厚い手練手管の世界。秘密保護法もできたことだし、国の意に沿わない人は簡単に排除されますよ。
 

|

« 「TPP断固反対」山形県民集会 | トップページ | 命輝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「TPP断固反対」山形県民集会 | トップページ | 命輝く »