2013年4月26日 (金曜日)

核兵器にNOと言えない日本

 以下は、昨日NHKで報道されたまたまたがっかりするニュースです。

 「スイスのジュネーブで開かれているNPT=核拡散防止条約の会議で、核兵器は非人道的なものだとして、いかなる状況でも使用すべきではないなどとする共同声明が提出されましたが、唯一の被爆国の日本はこの声明に署名せず、NGOなどから批判の声が上がりました。
  この共同声明は、ジュネーブで行われているNPTの再検討会議に向けた準備会合で24日、南アフリカの代表団が提出しました。
 
声明では「核兵器の使用によって、直接に人が死ぬだけでなく、社会や経済の発展は停止し、環境は破壊され、将来の世代は健康や食糧や水を失うことになる」として、核兵器の非人道性を強調しています。
そのうえで、「いかなる状況でも核兵器を二度と使わないことこそが人類生存の利益につながる」として、核兵器の不使用を訴えています。
共同声明には74か国が名前を連ねましたが、唯一の被爆国である日本は署名しませんでした。
 
これについて、軍縮会議日本政府代表部の天野万利大使は、記者団に対し、「核兵器が使用された場合の影響が非人道的なものだという点では賛同している」としたうえで、「いかなる状況でも使用しないとしている点が、日本の安全保障政策と相いれない」と述べました。
 日本がアメリカのいわゆる「核の傘」で守られていることを、署名をしない理由の1つにしたものですが、会議に参加しているNGOなどからは批判の声が上がり、ジュネーブの軍縮会議日本政府代表部の建物の前で、およそ50人が抗議活動を行いました。」

 広島市の松井市長、長崎市の田上市長とも政府の対応を疑問視し、大変残念がっていたということです。
 先週、国会の質問で維新の会の西村眞吾議員が「核武装すべきだ」と主張していましたが、日本という国が理解できなくなってしまいます。

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火曜日)

舟山やすえさんを当選させましょう。

 昨日は、上山の奇習「カセ鳥」が行われました。例年より人出が多かったようで、十日町通りは一時歩行者天国のようになりました。以前は踊り手が少なかったのですが、県内外から志願する踊り手が登場したりして、面白いお祭りとして賑やかさを増しているように感じます。お祭りも磨けば光るものです。
 まちづくり塾のまちカフェは、週末の土日のみの営業ですが、昨日は臨時営業。外で甘酒を提供するとともに、観光客への情報提供やら結構忙しかったです。

Img_1991

Img_1995
日本舞踊の赤堀師匠とまちづくり塾の鈴木塾長の表情もいいですね。

 まちカフェの後片付けもそこそこに、午後は「舟山やすえ 新春のつどい」に参加、7月の参議院選挙の当選を誓い合ったのでありました。埼玉から小国へ嫁に来て、3人の子供を産んで頑張るお母さん。長男は今年中学1年になるとか。
 地方から中央へ人が移動する流れは過去の話、未来は、中央・都会から地方・田舎へ移動する流れにならなければ永続的な日本の姿は描けないと思います。田舎が荒れ果てることは日本が荒れることにつながると思うのです。グローバルはいいですが、それはローカルを大事にした上でのことだと思います。
 舟山さんは、TPPに明確に反対していますが、未来を大事にする政治家として、舟山さんの再選を何としても勝ち取らなければならないと思って帰途に着いたのでした。
 新春の集いには、知事はじめ、みどりの風の谷岡代表など会場一杯の盛況でした。

| | コメント (0)

2012年12月 6日 (木曜日)

しっかりした政治理念を持った候補者を選びましょう

 毎日忙しく戦っています。今朝の朝刊の報道によれば、自民党が大幅に躍進のようです。国民は、自民党に期待しているのでしょうか、はたまた民主党にお灸を据えようとしているのでしょうか。世論というのはマスコミによって形成されますし、大きく変化させられたりもします。
 盆踊りに何回出たとか、まめにいろいろなイベントに顔を出す、どぶ板議員ではなく高邁な政治理念を持った政治家を選んでほしいものです。辻元清美さんが言っていた、「『まめさ』こそが権力維持の最大の装置や」という言葉を思い出しました。
 それにしても今の国政選挙のやり方は金がかかりすぎ。あの膨大なポスターやビラなどの印刷物、・・・・。
 

| | コメント (1)

2011年11月30日 (水曜日)

アントニオ猪木の対話外交

 世界12月号に、北朝鮮に22回渡航した経験を持つアントニオ猪木さんの北朝鮮外交についての「北朝鮮とは対話で勝負しよう」というインタビュー記事が掲載されています。
 猪木さんは、師匠の力道山が北朝鮮出身の在日だったということで、北に何度も端を運び、実際にピョンヤンでプロレスのイベントも行い、政府要人との人脈も太いパイプとのことです。
 猪木さんは、その中で、2002年の小泉首相の日朝首脳会談について次のように指摘しています。「あの時、拉致被害者を日本に一時帰国させて、その後、北朝鮮に一度戻すことをトップ同士で取り決めていた。しかし、その後、その取り決めを破って、北朝鮮に戻さなかった。・・・・これは国際信義に反することで、その重大さをどれだけ認識していたのか」。
 この主張は、加藤紘一さんはじめ多くの学識経験者も指摘していることです。
 1990年のイラク危機の時に体を張ってイラクへ出向いた話など、猪木さんの肝のすわった話し合い重視の外交姿勢はいいですね。見直しました。猪木さんがいうとおり、猪木さんのような人物をもっと外交で使ったらいいかもしれませんね。

昨日も書いた大阪都構想ですが、橋本氏は、「大阪府と大阪市と堺市を解体再編し特別区をつくる」としか説明しておらず、具体的なものは示されていません。中身について丁寧な説明もなく、それでも当選するのですからやはりすごい求心力です。大阪の閉塞感の裏返しなのかもしれません。
 前ニセコ町長の逢坂誠二衆議院議員は、「基礎自治体重視の観点からは、都に権限が集中し逆行した仕組みになる懸念はないか」、「自治の仕組みの変化は、住民生活に直結する極めて重要な課題であり、丁寧な議論を経ての合意が前提となる」、「今回の選挙結果は、大阪都構想実現に白紙委任状をもらったわけではなく、大阪都構想実現の議論に正当性が与えられたと理解すべき」と自身のブログに書いています。
 民意を得たとばかりに白紙委任状をもらったごとく、強引に事を進めることだけは避けなければなりません。

| | コメント (0)

2011年11月29日 (火曜日)

大阪の選挙をどう受け止めるべきか?

 大阪の選挙結果をどう受け止めたらいいか、私は大いなる不安を持ってみております。橋本氏の言葉は小泉総理と似ていて、刺激的で暴力的であり、時に論理の飛躍があります。
 「独裁者」という刺激的な言葉を逆手にとって利用するなど、小泉元総理ばりの演出で見事な勝利でした。
 大衆をあおって自分の味方に付けるポピュリズム型政治とは、物事を白か黒か、是か非かのように二分法的思考で敵を一元的に設定し、その構図を分かりやすい言葉で情緒や感情に訴えていくものらしいです。
 悪いのは彼らだ⇒彼らを排除すべきだ。例として、反公務員、反労働組合、反議会、反既成政党など。そして、住民に対し、擬似的な直接判断を求めるのです。そこには議論の省略があり危険な結論に陥る可能性が高いのですが、市民受けは良いのです。
 その結果、洗脳された市民はわざわざ有害な選択・自滅的な選択をすることがあるというわけです。
 今回の大阪府民・市民の選択は果たしてどうだったのでしょう?橋本さんもマスコミも、大阪都構想は信任を受けたと言っています。郵政民営化のときとパターンは一緒です。
 将来的には道州制に道を開くことにもなりそうな気配も感じます。現在、与党・民主党が進めている地方主権改革にも大きく影響を及ぼすことは明らかですし、いずれにしても混乱は必至でしょう。

| | コメント (1)

2011年9月11日 (日曜日)

議会改革とは

 昨日は、男の料理教室に誘われて参加しましたが、男が5人に対して女が9人でした。
 写真を付けておきます。

 午後は、米沢市議会主催の「議会基本条例に関する講演会」に参加、伝国の杜まで行ってきました。米沢市議だけでなく、置賜地域の議員、市民にも声がけしたもので、上山からは私と川崎ともみ議員が参加しました。議会基本条例は、2006年6月に北海道の栗山町が初めて制定、今日では全国の市町村議会1794のうち1割を超えているそうです。この動きは加速度的に早まるでしょう。上山市ではまだ検討にはいっていないようですが、早急に取り組む必要があります。
 議会基本条例とは何か。昨日の講師であった法政大学の廣瀬教授は、「住民自治というものを議会制民主主義を通じてどのように保障するのか、具体的に約束する条例」、つまり参政権の保障だと解説しています。
 議会への住民の不信感は相当なもので、そのひとつの現われが低投票率に反映しています。この不信感を信頼感に変えるためにも、議会基本条例を制定し、議会の仕事を見えるようにしていかなければなりません。議会としての市民に対する議会報告会の義務化、議会への市民参加の手段としての参考人招致、公聴会の開催、請願者の意見陳述なども取り入れていかなければなりません。
 かつて「議会の権威」などという言葉を古参議員から聞いたことがありますが、市民感覚を取り入れた議会改革に取り組まない議会は、議会不要論へとつながっていくのです。Simg_1448
Simg_1449
Simg_1450

置賜愛の武将隊のパフォーマンス~かっこよかったです。甲冑姿でのストリートダンスにはびっくり。
Simg_1452












| | コメント (0)

2011年9月 7日 (水曜日)

「まめさ」こそが権力維持の最大の装置

 辻元清美さんが民主党に入党したとの報道にびっくり。ちょっと早かったなという感じです。また、彼女の菅総理に対するコメントもなかなか興味深いものでした。
 かつて彼女は、政権交代について「今度の政権交代は民意を受けて自分たちが奪い取った権力であり、そこが村山政権とは違う」と言い、私も納得したのを覚えています。
 しかし、政権交代後の現実は無残なものでした。政権交代はしたものの、官僚は自民党時代のまま、地方議員も圧倒的に自民党議員が多い現実、地域の経営者はじめボス的な方は相変わらず自民党、農業者もまだまだ自民党という中で、すんなりと民主党の政策がマニフェストどおりにいくとは土台無理だったのではないかと思います。
 長期自民党政権のフレームを壊す作業は大変な労力を要することですから、簡単にいかないのはむしろ当然というべきかもしれません。
 せっかく政権交代したのですから、元に戻らないように踏ん張らないといけません。
 

 菅総理の原発処理について、辻元さんは次のようにコメントしています。
 「原発事故直後、東電の報告を受けた菅さんが気にしていたのは『本当に情報は全部、おれに来ているのか。都合がいい情報しか上がってきていないのではないか』ということだった。同時に、最悪の事態を考えた。原子炉格納容器が爆発すれば東京がやられると。東京の人口すべてを避難させるすべはない。背筋に寒気を感じ、そのときに、地震が多く狭い土地で人がひしめき合うこの国では原発と共存するのは難しいと心底、思ったと。浜岡原発停止もその流れで、一つ一つものすごく考え抜いて決断している」と、評価しているようにも思えます。
 私たちには、ものすごく考え抜いて決断しているかどうかは分りませんでしたけど。

 
 最後に、辻元さんの言葉で妙に納得してしまったのは、「『まめさ』こそが権力維持の最大の装置や」という言葉です。この言葉はものすごく実感を伴って私の胸に響いてきます。政策やその理念など二の次なのです。これは中央も地方も同じです。

| | コメント (0)

2011年8月31日 (水曜日)

深刻な放射能汚染

 29日に文科省が原発から半径100km圏内のセシュウム137の土壌汚染マップを発表しました。
 各紙の報道では、記者の知識が不十分なせいか書き方に差があるようでしたが、広範囲に汚染が広がっていることがうかがえました。。
 一番汚染濃度が高かったのは、大熊町の地点で1㎡あたり1545万ベクレルの箇所がありました。
 チェルノブイリ事故では、1㎡あたりのセシウム137のベクレル値で基準が次のように分けられていました。
 チェルノブイリで採用された汚染地域の定義:
 ・1㎡あたり148万ベクレル以上:強制避難ゾーン
 ・1㎡あたり55万~148万ベクレル:強制(義務的)移住ゾーン
 ・1㎡あたり18万5千~55万ベクレル:希望すれば移住が認められるゾーン
 ・1㎡あたり3万7千~18万5千ベクレル:放射能管理が必要なゾーン
 今回の調査結果でこの148万以上を超えていたのは34地点に上ったということでした。
 まだ公表していないデータもあるようですし、事態は深刻です。
 スウェーデン在住の研究者 佐藤吉宗さんは、「もう一度、このような原子力事故が日本で起これば、日本の国土の大部分は農業も居住もできなくなるという緊張感を持って、今後のエネルギー供給・利用のあり方を議論して欲しいものだと思う」と語っています。
 こんな危険な物質と背中合わせで暮らしていることを考えると、思わず背筋が寒くなると思うのですが。それでも電発を続けるのですか?人間の生存と原発を天秤にかけるほど原発は大事なものでしょうか。そろそろ目を覚ます時でしょう。
 核と人類は共存できないのですから。

| | コメント (0)

2011年8月30日 (火曜日)

TPP反対

 民主党の代表選、山形県から初の総理大臣かと期待したのですが叶いませんでした。5人の中でTPPに反対を表明していたのは鹿野大臣だけだったと思います。このTPPはあまり理解されにくい問題ですが、本質は日本の亡国へとつながる市場開放だと思います。
 菅総理は、TPPを「平成の開国」といい、前原誠司氏は、「GDPの割合で1.5%(第1次産業)のために、98.5%が犠牲になっている」と発言するなど本質をまったくはずした物言いにがっかりしていました。野田新総理もTPPに前向きですから心配です。
 TPPは、アメリカが主導する市場原理主義に基づくアジア戦略と考えることができます。中国を封じ込めるためのクサビの戦略であるとともに、関税の撤廃による日本市場の開放に照準があてられているのです。
 TPPに参加すれば、日本農業の崩壊はおろか日本社会そのものの崩壊につながります。農村に生まれたことを大切な価値として尊重するような社会をつくらなければならないと私は考えています。農村・田舎に生まれたことを不幸なことと感じるような価値観に未来はありません。
 TPP問題は、まだまだ情報不足のせいももあり議論が不足しています。今後とも注目していきたいと思います。

 昨日文科相が発表した放射能汚染マップについてはまたの機会に。

| | コメント (0)

2006年3月30日 (木曜日)

ブログ始めました

はじめまして

山形県上山市の市議会議員をしてる枝松直樹(50歳)といいます。

これから少しずつ議員活動やまちづくりについて日記風に書いてみようかと思っています。

ココログってどういうものかよく分からないのですが、自分の頭の整理にもなるので、無理をしない範囲でやってみようと思っています。もしご意見などあればお寄せください。

今日は昨日に続き朝から雪で冬に逆戻り。寒い・・・

さて来年は4年に1回の選挙の年、今から出馬に向けて動き始めている人がいます。無職の人や今の仕事に不満のある方は、どんどん立候補してください。私も2回目の選挙になりますが、落ちないように気を引き締めて活動したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)